美容・健康・若返り、子供、ワンコ。。。時々 旦那!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再会
2009年04月05日 (日) | 編集 |
 やまびこに行ったら。。。

 ウチの高校生の長男、少し障害があって。。。

 2歳児のころ
 やまびこ園という、幼稚園のような市のやってる施設に通ってました。

 そこは、親子で迎えのバスに乗って通園するのだけれど
 園に入ると
 子供達は、先生たちと過ごし
 親たちは、別の部屋で過ごす。

 殆どの子が、2歳児の段階であまり言葉がでていなくて
 見た目で、明らかに障害を抱えてる!とわかる子供もいるわけで。。。



 発達障害の子は、見た目には他の子とかわらないし
 その頃の私も、わが子に対して

 今は、少しほかのコと違う個性だけど
 成長につれて、限りなく他の障害のないこたちにちかづいていくのだ!!

 と信じていたので、


 明らかに障害とわかる子供達と同じ空間の施設に
 通うことに、少し落胆していた、というか。。。
 あぁ、うちの子も障害があるんだ!
 と思い知らされた瞬間だった。



 まぁ、それでも障害のある子を家で育ててるのは
 ある意味、目が離せなかったりするので
 親たちは、そこで母子分離の間
 自分達の時間がもてるので
 結構、仲良くなったりもしたものだ。



 アレから、14年の月日が流れ
 やまびこ園の建て替えられ10年が経っていて


 まさか、そこに再び足を踏み入れることになるとは
 思わなかった。



 今回、高校の先生からやまびこで
 一緒に相談を受けましょう。といわれ
 来て見ると


 当時、発達相談をされていたN先生が
 そのままおられ、
 成長した長男を再びみてもらった。


 それに
 やまびこ園では、当時長男の担任の先生の1人であった
 O先生が、保育園などを巡りめぐって
 この春、園長先生として赴任して来られていた ( ゚∀゚)


 先生方は、まぁそれなりに歳をかさね
 見た目は、少し違っていたけれど
 かわらぬ感じのよさで
 子供が小さかった頃のコトを
 思い出す機会になった。文字色
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。